読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の情景

グルメガイドみたいな案内本が好き。だけどもそれは自分が暮らす街のものでなくていけない。だって食べにいけないし。それなのに、私はついついビジュアルで色んなものを買い集めてしまう。いつかの旅に備えておいて、がさっと引っ張り出してくる。そしたら行きたいところが山ほど見つかるから、選定するのも至難の業。グーグルマップで場所を結ぶと、とんでもない移動になりかねない。はたまた、雑誌でチェックをつけておいて、旅先でいざ。だけども思わぬ誘惑があったり、あまりにも強烈なオーラを放ち、びびりな自分は後ずさりしてしまったりで、これまた思ったようにはたどり着けないから困る。

ああいう類の本はとてもよくできているなあと感心する。写真から、文章から、漂うシズル感ったら。さらには、好きな作家や俳優が、これでもか!ってくらい大げさに情景を描いてとどめをさしてくる。そして、まんまと、ささる。(うっ。)


時々、無性にうまいー!と空に向かって叫びたくなる時がある。そして実際に叫ぶ。それはアパートの天井であったり、青空のもとだったり、色々だけど、そういう時って誰かに伝えたいなあって思う。それが誰かに伝わったらいいなあと思う。私の暮らしてる街のこと、共感の輪。