読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1015。

1015の文字列が好き。規則正しいリズム感、5の倍数は大ざっぱな跳び感で、自分っぽいなって思う。眺めていると色んな性質が見えてくるようなそんな数字。これが私の誕生日。ふと時計をみたら10:15が多くて、おおっと思う。勝手に意識してるだけで、その文字列の時に脳が反応しやすくなっているだけなんだろうけど。

きっとみんなも自分だけのなにか不思議とか特別があるんでしょうね。恋とよく似ているなあと、このところ感じています。その人のことばかり、無防備な私に飛び込んでくるから、胸がきゅーっっと、頭がくらくらして焦点が合わなくなって、思わず立ち止まる。嬉しいこともそうでないことも全部、いつもよりたくさん。こういうのってアラサーになると落ち着くんだと思ってた。修行したらどうにかなるのかと。だけど、全然そうじゃないから、とっておきの呪文「しょーがない」を繰り返す。諦めるものを丁寧に選べるようになったのが、わずかな人生で得た年の功。それでもちょっと頼りない時は、運命数の33、1015が生み出す文字列をみて、だって私は宇宙人って思い込む。