読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ススキと山登り

今日は66歳の友だちと年下の男の子と3人で那岐山へ行った。山歩きのイベント、参加費1,000円でお昼ごはんと記念品つき。なんともいえないお得感と参加人数の多さに気持ちが高揚する。早起きした身体にしんと冷たい空気がしみて、目から涙。

6キロを歩いた。途中、ススキがふわふわになっててとてもきれい。おしゃべりしながら登って、時々色んな考えごとをしたりもした。日が当たって、今日はとにかくいき過ぎた登山日和だ。ヒートテックとウールのセーターが暑い。オニツカのスニーカーは足元がつるつるで、歩くのには力がいる。登山には登山の、きちんと適した道具があるのですね。昔の靴は捨ててしまっていた。

 雑木林の中は川が流れていて、ひんやりした空気が吹いて汗と火照ったほほを冷ましてくれる。山の中は空気が変わる。はなうたを歌いながら「あの人と来たらどんな顔するかな」って「どんな風に川の石を飛び跳ねていくのかな」なんて思ってみたり。

9時過ぎに出発、12時前には到着。手作り弁当と那岐そばはナイスホスピタリティー。