読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいことば。

 

言葉遣いを正しくするよりも、もっと大事なことは、自分が放った言葉について選んだ理由を考えることだと思う。

私は「ググる」を積極的に使うことが好きだ。検索大好き、検索履歴は私のメモ帳、検索候補は好奇心の新たな入口。ググることは、ただの検索ではない。ググるでしかないのである。言葉は、そこに生まれる情景を相手に伝える大切な手段だと思う。さらに言えば、放つ言葉は自分自身の品格をも決めてしまう、とても重要な身体の一部だと考えている。

世の中には、正しいといわれる言葉ばかりではないけれど、なぜその言葉を選んだのかきちんと理由があるのなら、それがどんな言葉であっても問題ないのではないだろうか。むしろ、受け取る側は想像力を働かせて、相手がその言葉を使った理由を柔軟に考えてみることで、言葉の後ろに潜んでいる何かが見つかり、会話も楽しくなるのかもしれない。とはいっても、言葉は本当に難しい。でもそこには「互いに主張を押しつけ合わない寛容さ」が必要なのだと私も常々感じている。今日の朝日新聞を読んで思うこと。