読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体を欠かす。

例えば五体満足な私は、身体を使って自分を表現するとしたらダンスをするかもしれないし、演劇をするのかもしれない。あとは手を動かして、ひたすらなにかを描くとか。例えば私が両脚を失ったとしたら、私は足りない部分を自由に表現することができる。立ち上がる必要がないのだから、その脚は真綿のように柔らかくあっても問題ない。「無い」ことが世界を自由に操ることだってある。 

ルネスホール「セルフポートレートとオブジェ」にておもふ。